セフレなら痴漢プレイもOK!? 7話 あらすじ・ネタバレ・感想

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

第7話  行き遅れ女上司を電車内で痴漢してから駅のトイレで

のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介します。




今すぐ読んでみる↓↓

痴漢プレイはセフレの行き遅れババアと密着おさわり 7話 ネタバレ

特別サポートのおかげでプレゼンはうまくいった。

 

今日は大きな仕事を任された大事なプレゼン。

 

無事に成し遂げ、女上司と帰り道の電車内。

行き遅れBBAもプレゼンの成功に満足気だ。

 

ついこの間までは、このBBAに散々怒られまくっていたのがうそのようだ。

 

最近では、仕事も順調。

 

行き遅れババアをセフレにしてからオレの人生も上昇気流に乗っている。

急に乗客が増えてきた。

 

グイーッ。

思わず押されて女上司・吉村主任にのしかかる。

 

ダメだ。

オレのチンポはまたやってしまった。

 

密着したとたんムクッと勃起

 

行き遅れババアの桃尻に食い込む。

 

「た、た、田中クン、なにか固いものが当たってるわ」

 

BBAももちろん気づいている。

 

オレはかまわずグイグイ押し付ける。

一度こうゆう痴漢プレイをしてみたかったのだ。

 

こんなの彼女にしたら即アウトだ。

 

セフレの行き遅れBBAだからできる特殊プレイ。

 

ピチッとしたタイトスカートをまさぐり太ももからお尻へ指を這わせる

 

 

この感触は何度さわっても興奮する。

おまんこにはそうそういじくらない。

 

最後のとっておき。

焦らすのも行き遅れBBAをより興奮させる手口だ。

 

bbaのおまんこがオレを欲しがっているのがわかる。

 

 

こんもり盛り上がったおまんこに触れると、もうすでにぐちょぐちょ。

 

あふれでている。

 

行き遅れBBAは気持ち良くなるイキそうな顔をガマンしている。

 

「もう何人か主任のイキそうな顔に気づいてますよ」

そう言って電車のドアの窓ガラスを見ると、おっさんが行き遅れババアのことをジッと見ている。

 

 

もう・・だめ・・

次の駅で降りて、トイレに入る。

 

速攻でセックス。

もう、ホテルまでガマンできない。

今すぐ読んでみる↓↓

行き遅れババア 7話 痴漢プレイは気持ちいいのか?感想

会社での社内セックスでは飽き足らす、電車で痴漢プレイを田中に、もうやりたい放題。

 

残業続きの特別サポートに味を占め、今度は社外でもやってみたくなったのかしらね。

 

なにげに彼女ともよりを戻してうまくやってる田中だけど、行き遅れBBAのセフレだけは手放したくないようね。

 

 

このbbaとのセックスが毎日の活力と言っても過言ではないから、絶対ずっと続ける気満々。

 

自分が開拓したオンナだから他の男に触らせたくないのだと思う。

 

仕事も女上司に目をかけてもらえるようになって、今までの冴えない田中とは大違いよ。

 

この電車内の痴漢プレイだって、彼女となら絶対にしないわね。

行き遅れババアの性格を見越してやってるわね。

 

 

絶対断らないからね、ババアは。

 

感度良すぎで電車内でもグチョグチョよ。

 

そして、ダイナマイトボディの女上司を電車内の男たちが気づかないわけがなく・・

 

ジッと行き遅れババアのことを窓越しにみつめるおっちゃんとか。

ひや~こわい~

 

田中は「どうだ~いいだろう~」的な感じ?

 

 

次の駅で降りたらすぐにトイレでセックス。

ホテルまでガマンできんのかーい。

 

 

トイレとでやったことないけど、落ち着かないの~

駅のトイレだよ~

 

ムリ~

もうそんなのも気にならないくらい我慢できなかったんでしょうね。

 

 

もう、トイレでの行き遅れババアもエロです。

 

服着たままのセックス。

 

ちょっと燃えます。

 

おっぱいと乳首がぷるんと飛び出してる姿が、普段の女上司・吉村主任とのギャップがいいですね。

 

 

イヤらしいカラダってこの吉村主任のような身体のことですよ。

 

アラフォー主婦のわたしでも、ゴクッと全身舐めまわしてみちゃいますね。

 

次回8話は温泉旅館でセックス。

浴衣の行き遅れババアがたまりませんな~

今すぐ読んでみる↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です